オリジナル作品・ネタ

無題3

あらすじ

とある国で、新年の行事を迎えようとしていた。
その国のしきたりで、毎年、一年の初めの行事で、各家庭の家宝を持ち、
行事に参加しなければならない、というものがあった。
しかし、その朝主人公のメオが行事へ向かおうと家宝を探すのだが、見つからない。
しかも何だか変な生き物が家に侵入していて、メオになついてしまった。
これは泥棒の仕業だ、と大騒ぎするメオ。そして家宝を探しに家を出るのだ。

年始の行事が行われる城の前に来ると、そこには家宝を狙ってやってきた別の村の者が
来ており、メオはその二人、ノルとネルに疑いをかけるが、二人は全く知らないという。
その後、ノルとネルは何かを企んだ様子ではあったが、メオの家宝探しを手伝うと言い出す。
色んな場所で、「怪しい人物を見た」などの情報を得ながら次第に遠くまで旅をする事になる。
また、途中で出会うムーラと言う女性も一緒になって、長い家宝探しの旅をするのだった。