登場人物紹介

トップページへ


クリア後に出てくる「ゲストブック」に書かれていた事を載せています。
ネタバレ注意!

人物人物名説明
御堂島 優才堂 不志人を失脚させるため、御堂島 崇によって
才堂家の墓から掘り出された少女
本名は才堂 凛(さいどう りん)
大病院の院長を務める父は家に不在気味であったため、
ひとりで幼少を過す過程で、大人しい性格の少女として育った。
小さいころ父から与えられたお守りを「ミコシサマ」と呼び、
肌身離さず持ち、それを心の拠り所としてきた。
暗い。霊感が強いため、何かと心霊現象に結び付けるクセがある。
御堂島 優に宿る裏の心。
才堂家に怨みを持つ家系の怨念であると考えられ、
才堂家では「呪われた子」として恐れられ、
生まれてすぐに墓に葬ることが代々行われてきた。
残虐非道、冷酷な人格だが、宿り主、優に対しては優しさも見せる。
恐らくは単純な防衛本能であろう。
実際の所、彼の存在意義、存在理由は不明である。
鷹野 千夏御堂島 崇によって金色の像に仕込まれた幻覚剤によって、
無差別殺人鬼と化した小学1年生の少女。
最終的には目前で燃やされた幻覚剤の化学反応によって正気に戻る。
最後に千夏から離れた幽霊は、幻覚剤による優の見た幻覚であり、
実際に何かに取り憑かれていたわけではなかった。
鷹野 初弁天製薬研究所所長。
御堂島 崇に誘われ、才堂家の墓を暴く。
御堂島 崇には才堂家の秘宝を記した像が隠されていると教えられていた。
犯罪を犯してまでの貪欲な科学者としての向上心とは裏腹に小心者でもある。
御堂島 崇がにおわせた才堂家の呪いをすっかり信じ込み、
16年間、黄金の像に仕込まれた幻覚剤には気が付くことなく
納戸にしまい続けていた。
画像無し鷹野 弥生鷹野 初の妻。
別段、特別な設定はされていない。
礎が優を助けて病院に運んだのは彼女が三舞署に通報した所為である。
画像無し鷹野 秋代中学1年生。
学校から帰宅途中に才堂 不志人によってHU599菌を投与され、
生ける屍と化した。
帰宅後、弥生を襲い、初によって殺害されるが、
HU599菌を注入された右腕のみが生き続けていた。
あまりに不遇な少女である。
画像無し鷹野 雅春今年高校入学を控えた鷹野家の長男。
殺人鬼と化した千夏に脅え鎧武者の飾り物の中に隠れるうち、
幻覚剤によって自我を失い、さまよう殺人鬼となる。
礎 等隣町、三舞町にある三舞署の刑事。クールでキザ。
ゴーストヘッド第一期シナリオでは3人の主人公のうちの1人だったが
あえなく脇役に成り下がった。
第二期シナリオでは特に裏設定も用意されなかったが、
エンディングに登場するあたりは、さすが二枚目キャラか。
あの後、優とどうなったかはシナリオ作者も知らない。
剛元 亘
藤香御堂島 崇の実の娘。
8歳のときに母、涼子と崇が離婚後、藤香は涼子と共に父の元を去った。
涼子はその1年後に病死、藤香は遠縁の親戚に育てられたが、
年々父への憎悪は深まっていった。
御堂島 崇が優を連れているところを偶然目撃、
父への復讐心はその瞬間に現実となった。
第一期シナリオでは、探偵社の社長であり、実は事件を起こした
張本人という最も重要な役であった。
画像無し婦長弁天病院の看護婦長を務める。
本名、岸 温美。
不審な院長の行動を調査、自力で599計画の全ぼうを知ったが、
すでに時遅く、行ける死体がはびこっていたため自殺を試みる。
基本的にヒステリックな女性
画像無し院長弁天病院の院長。
本名、宇路 達士(うろ たつし)。
才堂 不志人の恐るべき計画に便乗し、患者を実験台として提供していた。
それが弁天病院の悪い噂の元凶でもある。
御堂島 崇優の仮の父。藤香が実の娘。
かつて弁天製薬研究所で鷹野 初と共に働いていた。
研究所では1.2を争うほどの技術者であったが、
天才科学者、才堂 不志人の出現によりその座を追われることとなった
そのため、鷹野 初と共謀し、才堂家の墓を暴き、
不志人の隠し子、優を奪い去る。
その目的は才堂 不志人の失脚にあったが
結果的には優を利用することなく、幻覚剤を仕込んだ金色の像によって
関係者を全員狂わせることで復讐を謀った。
才堂 不志人弁天製薬所に勤める。由緒ある才堂家の長男。
入社当時から天才科学者と謳(うた)われ、その能力をあますことなく発揮した。
そのため御堂島 崇から嫉妬され、今日の事件を巻き起すこととなった。
1982年長女凛を授かるが、呪われた娘であったため
しきたりに従って生き埋めにした。
その頃から彼の中では599菌計画が練られ始めた。
恐らくは人類に対する復讐という、勘違いから生まれた計画だろう。
御堂島 崇より贈られた金色の像に仕込まれた幻覚剤によって
自我を失い、殺人鬼と化してしまったことにより、彼の人生は終った。
第一期シナリオでは、具現化した藤香の裏の人格として設定されている。
画像無し才堂家の過去代々、才堂家には双子の赤子が生まれることが希にあり、
それも女子に限った。
裏の心が、双子の意識だけに宿ったものなのか、
才堂家に恨みを持つ怨念なのか、誰にも判らないが、
才堂家では双子の赤子を「呪われた子」とし、
生きたまま墓に埋めるというしきたりを
かれこれ100年以上も続けている。
ミコシサマ優が子供の頃から大事に持ち歩いている「ただの」お守り
どこか近所の神社で崇が購入したものだと思われる。
裏の心に気付いていたのか、優は幼少より
頻繁に情緒不安定になったため、
精神安定剤代わりに与えられたものだった。
逆にそれが今まで翔を発現させない理由ともなっていた。
黄金の像崇が鷹野 初に「才堂家の秘宝が隠された像」と偽って預けた像。
実は人間の自我を崩壊させる幻覚剤が仕込まれていた。
崇は才堂家の墓を暴く際に、掘り起こした優を見ていたと思い、
初を狂わせて口を封じようと画策したのだ。
しかし優を才堂 不志人の失脚の道具に使うことをためらった崇は、
さらに才堂 不志人にも送りつけ、才堂 不志人をも狂わせた。